FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    OPEN YOUR EYES -Abre los ojos-

    CATEGORYMovie
    バニラスカイという映画があります。
    トム・クルーズが主演で、ボブ・ディランのアルバムジャケット(彼女と肩を寄せ合って歩いているやつ)をまねたシーンがプロモーションで使われていたといえば思い当たる方も多いはず。サントラもアメリカ映画で初めてシガーロスを使ったり、ポールマッカートニーが曲を書き下ろしていたり、充実していました。
    バニラスカイは2001年に公開されたのですが、実はスペインの、しかも1997年の映画のリメイクでした。
    海外の映画がそんなに早くリメイクされるということは、よほど原作がいいんだろうと、買ったままになっていたのが「オープン・ユア・アイズ」です。



    親の遺産もあって、かっこいい主人公が、ある女の子との出会いを機に記憶の迷宮にさまよい込むお話です。
    サスペンススリラーなので、内容は見たほうがいいと思います。
    キーとなる女の子をペネロペ・クルスが演じていて、今のハリウッド映画ではありえないですがヌードも披露しています。
    ペネロペ・クルスは画面を見るだけで相当背が低いのがわかってしまうのは珍しいことですね。普通女優は画面では大きく感じて、プレミアとかで実物は小さいんだね、何て言われることが多いですから。
    トム・クルーズはバニラスカイでもペネロペ・クルスを同じ役で起用して、結局事実婚してしまうのだから、本当の意味で「オープン・ユア・アイズ」の内容を理解していないんじゃないかと疑ってしまいます。

    ちなみにDVDには"OPEN YOUR EYES"としか表記はありませんが、原題は”Abre los ojos"というようです。
    DVDがインターナショナルだかアメリカ規格だからか原題が表記されていなのも作品に対する愛が少ないんじゃないかと思います。
    作品はとても面白く楽しめます。
    ただ、後味は良いとは言えないので新年にはふさわしくなかったかも。
    アレハンドロ・アメナバールという人が監督と脚本、作曲をやっていますが、この頃25歳!というのもすごい!
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.