FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    FISHING WITH JOHN

    CATEGORYMovie



    "FISHING WITH JOHN"というDVDを見ました。
    ちょうど2年前のブログに買った時のことが書いてありますね。
    「ジョンと釣りを」というタイトルを見かけ、「ジョン誰だろ」とパッケージを見たら「ジョン・ルーリー」のことだった、と。
    ニューヨークで25年くらい前から活動しているミュージシャンです。
    ラウンジリザーズというブルース風味の前衛ジャズ、という感じのバンドのリーダーです。1stアルバムとか初期の頃はアート・リンゼイがノイズギターを弾いているというだけで、単なるジャズではないと分かるはずです。
    ジョン・ルーリーは俳優もやっていて、ジム・ジャームッシュ作品では常連です。ストレンジャーザンパラダイスとダウンバイローは主役ですね。

    "FISHING WITH JOHN"はそんなジョン・ルーリーが友人と釣りをするドキュメンタリー。
    90年代初めにアメリカのケーブルテレビ向けに作られたもののようですが、日本の資本も入っています。ジャームッシュ映画と同じパターンですね。日本では1996年に映画館でも公開されたようです。
    30分の番組6本がまとめられているのですが、出てくる友人というのが、ジム・ジャームッシュ、トム・ウェイツ、マット・ディロン、ウィレム・デフォーデニス・ホッパーの5人(デニス・ホッパーは2本に登場)。みんな有名人だけどアウトロー寄りな人選です。
    二人でダラダラしているだけの番組ですが、みんな素でも映画と同じようなキャラクターなのがすごい。
    ジャームッシュは話すことがいちいちジャームッシュ映画のセリフみたいです(当り前か)。
    トム・ウェイツが暇なとき適当な歌を即興で歌うのですが、これがまたいい味が出ているんです。この中ではジョン・ルーリーとトム・ウェイツの二人がプロとしてボーカルをしていますが、二人とも地声と変わらない声で歌うタイプなので、話しているだけでも音楽的な感じですね。ジャマイカの川をカヌーで下る場面はダウンバイローみたいですね。
    舞台こそジャマイカやコスタリカ、タイなど海外にも出かけていますが、釣りの情報があるわけでもなく、だらだら会話が続くので、出演者に興味のない人にはつまんないかもしれませんね。
    金曜の夜、疲れた頭にはこのゆるさがしみました。
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.