FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    悪魔とダニエル・ジョンストン

    CATEGORYMovie


    やっと見ました「悪魔とダニエル・ジョンストン」!
    サンダンス映画祭で話題になり、日本でもレイトショーで公開され、DVDになったら買おうと思って実際にすぐ買い、そのまま3年近くたっていました。
    見られなかったのは、ちょうど転職の時期だったからですね。

    カート・コバーンがカエルみたいな宇宙人のTシャツをよく着ていて、精神病院を出たり入ったりしているミュージシャンのTシャツだと知ったのが92年頃?その後では、メジャーからもCDを出しています。

    ダニエル・ジョンストンは小さいころから絵も歌も上手で、8ミリ映画も残しています。
    両親がキリスト原理主義派で、その影響が強かったのでしょう。大学に入った頃から精神的に不安になっていきます。
    心の中の悪魔がささやいてきて、周りの人が信じられなくなってしまうんですね。
    天才的なアーティストが厳しい両親に育てられ、おかしなほうへ向かってしまうのはよくあることです。ブライアン・ウィルソンに似ています。
    110分があっという間というのが素直な感想です。
    ドキュメンタリーなので、実際に見てもらうほうがいいでしょう。
    ただ、ダニエル・ジョンストンを全く知らない人にはとっつきにくいかも。もうちょっと最初に演奏を入れてくれればいいのにと思いました。
    知ってる人にとっては、実際に飛行機事故を起こした時の写真や、ジャド・フェアやソニックユースとのかかわりも見れてよかったです。
    おかしなバンドの多いテキサスでも1番狂ったバンド、バットホールサーファーズ(ライブでライフルを撃ったりドラムに火をつけたりする)のリーダー、ギビーがインタビューを受けるシーンがあるのですが、なぜか歯医者の治療の合間で、歯を削る音が入っているので、苦手な人は注意です!
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.