fc2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    Westland

    CATEGORYMusic


    フリーカルチャーのWestlandすごかった!
    2010年だったか菜音にすごいギタリストが来ると聞いてWestlandのライブを見て圧倒された。CDも買った。
    元々宮崎大さんと白石才三さんがバークリーで知り合って組んだバンドだそう。宮崎さんはそのままアメリカに住んでローリン・ヒルやビラルのツアーに参加してタイ・トリベットのアルバムではグラミーも受賞している。
    ベースのMarterさん、キーボードの吉村勇作さんもバークリー出身。ドラマーの小林トニー祥夫さんはブルックリン在住時にAkoya Afrobeat Ensembleをやっていた人。
    バークリーを出ているだけじゃなく全員音楽の現場で演奏をし続けているのもすごい。

    宮崎さんと吉村さんがアメリカ在住のため2010年のツアー以来のライブだったそう。
    聞いての通り素晴らしい。
    最初のセットはレゲエ中心にゆったりした曲を。
    10年以上間が空いてるとは思えない。途中曲の展開やソロを促したり合図をしてるのを見てひょっとして通しの練習やってないのかなと思ってたらよっちんさんの投稿によるとやはりサウンドチェックだけだったそう。もちろん演奏は素晴らしく見てても練習してないなんて感じられない。ラリー・ヤングみたいなジャズ・ファンクもかっこよかった。
    2回目のセットはスカっぽかったりジャムバンドみたいな曲もあり、それが取ってつけた感じがまったくないのが素晴らしい。白石さんがベースに入りMarterさんがボーカルでビル・ウィザーズのカバーも。
    最前にいたからアンコールの時「どうしようか」なんて言ってるのが聞こえたけど本当にアンコールの曲を用意してなかったんだろうな。最後はMarterさんのボーカル曲で締めたけど練習どころか打ち合わせもしてなかったと知るとすごい。
    テクニック的にすごいこともやっていながら余裕があり聞いていて気持ちいい演奏だった。なんだかもっと大きな会場で聞いているように音が広がって聞こえた。
    お客さんもパンパンだったけど聞けた人はラッキーだ。
    28日には吉祥寺でもライブをやるらしい。今回はこの2本だけ!
    ごついハモンドを持ち込んでたけどアメリカから持ってきたのかな。

    373さんのDJは年末のVerdeとは違いレゲエやファンク中心でライブ後にはWestlandの曲もかけたり現場に合わせてて良かった。この辺りの音をかける女性DJは珍しい。
    Popupでいくつかお店が出店してるのは知ってたんだけど外でレコードを売ってるのを見逃した。

    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.