fc2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    ミュージシャン中川敬とリクオにきく 音楽と政治と暮らし

    CATEGORYBook


    山口県岩国市にあるお店ヒマール。
    手作りの革小物をはじめ雑貨や本、レコードも販売してコーヒーも飲めてワークショップや音楽ライブもやっているお店だ。2020年からは出版も始めている。
    そういうお店だからお客さんが目当てのものだけでなく手をつけてなかったものに興味を持っても良さそうだけど、お店からしたらそんなお客さんは少ないらしい。
    そこで何か新しいきっかけになればとh+ bookletというブックレットのシリーズを創刊した。
    その第一弾が「ミュージシャン中川敬とリクオにきく 音楽と政治と暮らし」
    ソウルフラワーユニオンの中川敬とローリング・ピアノマン、リクオにヒマールが音楽と政治と暮らしについて聞いている。
    2人ともSNSでも曲でも政治的な内容が多いので音楽と政治と暮らしはつながっているという考え。
    となると政治に距離を取ってる人は興味をなくしそうだが中川敬が「いかに政治を忌避する音楽が政治的か」と発言することで、政治を見ないふりをすることで現政権を認めてるという視点を与えて読者も当事者に巻き込む。中川敬はこのことを30年前から言い続けている。
    個人的な印象なんだけど日本は生真面目なのか、どんなにひどいルールでも決まったら守らないといけないと考えている人が多いみたいだ。「ミュージシャンが政治的な発言をするな」なんて言う人がいるけどこれも決められたことには黙ってろというニュアンスをすごく感じる。
    そういう状況で政治的な発言をすることや日々感じることなど2人の発言が続く。ヒマールは時折り話を振っていくスタンスなのでほぼフリーな対談だから50ページでは足りないくらいだった。本のタイトル通り、あえて具体的な質問はしないで2人の会話を聞きたくて見守っていたんだろう。
    音楽と政治と暮らし、どれかが気になったら何かしら発見があるだろうから手軽に読んでみてほしい。

    リクオさんはヒマールから初の著書としてツイッターの抜粋集「流さない言葉①ピアノマンつぶやく」を発売している。こちらは全国の本屋でも取り寄せ可能。
    ヒマールからは今のところ4冊出版されていて3冊通販で買ってるな。
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.