FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    ベテランミュージシャンの最新作

    CATEGORYMusic
    20210711180233736.jpeg


    新しい音楽ばかり聴いてるんじゃないよ、ということで最近出たベテランの作品を。
    スタックス・サウンドを支え、ブッカー・T&ザ・MG'sのギタリストであるスティーヴ・クロッパー、ソロ名義では1969年以来のアルバムFIRE IT UP。
    基本的にはソウル、R&Bなんだけどボーカルの声質に引っ張られてブルースぽいソロを弾いてたりする。しかしもう79歳とは思えない演奏だ。
    https://amzn.to/3yO6Ayf


    お次は2018年に75歳で亡くなったトニー・ジョー・ホワイト。
    ギターとボーカルだけのデモ音源9曲を、今や生音を活かしたプロデュースでは1番活躍してるブラック・キーズのダン・オーバックがナッシュヴィルのミュージシャンと共に曲として作り上げたアルバム。
    バッキングに違和感もなく普通に新譜として聴ける。トニー・ジョーの声も若々しい。

    https://amzn.to/2VuqeRM

    最後はZZトップのビリー・ギボンズ。先月都内へ行ったら3枚目のソロアルバムが出たところだった。
    2015年の初ソロがラテンロックでパーカッションも使ってて新規軸で気に入ってたのだけど2枚目のアルバムが出たのも見逃してた。
    遅ればせながら聴いてみたら2枚目、3枚目はZZトップみたいなブルース・ロック、ブギ・ロックになっていた。
    1枚目の路線が好きだったんだけど世間的には求められてなかったのかな。
    ただもちろんながら内容は最高。
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.