fc2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    トマス・ピンチョン「ブリーディング・エッジ」

    CATEGORYBook


    公の場に出ないことでは「ライ麦畑でつかまえて」のサリンジャーにも匹敵する、アメリカの作家トマス・ピンチョン。生年のデータが正しければ84歳で今も生きてるはず。
    そのピンチョンの今のところ最新作、2013年に英語版が出た「ブリーディング・エッジ」が邦訳された。
    2001年911テロの情報を耳にしてしまった主婦の話しだという。執筆当時76歳でこういう物語を思いつくのもすごい。
    ニューヨーク出身、工学部卒の理系だけどカリフォルニアやメキシコに住んでいたためかヒッピーやドラッグカルチャーも経験してる人で作品にも反映されている。
    アメリカ文学の巨匠ではドン・デリーロも「墜ちてゆく男」という911にまつわる作品を書いてるけどピンチョンはよりポップでカオスな内容になってるんじゃないかな。
    2007年に出した前作「LAヴァイス」はハッパ好きな探偵が元カノに頼まれてロサンゼルス中をめぐる話しだった。
    訳書の厚さはちょうど4センチと分厚い。時間作って早く読みたいな。

    https://amzn.to/2RVq985
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.