FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 」

    CATEGORYBook


    単行本が面白いという評判は知ってたんだけどスルーしてたオードリー若林正恭の「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 」。
    文庫本が出るタイミングで以下のインタビューを読んだら芸人らしくないことを話していた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    オードリー若林「生きづらさ」の答え。あるべき論から自由になる https://fika.cinra.net/article/202010-wakabayashimasayasu @CINRANETより

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    本を読んでみると競争と同調圧力にまみれた世界で居心地の悪さを感じていて、新自由主義に染まっていないキューバがどんなものか見に行ってみようという内容だった!
    芸能界で成功した自分と素の自分の2つの視点があるのも父親の死が絡んでるのも単なる自分探しと違う旅行記にしている。
    文庫にはモンゴルとアイスランドの章が追加されている。
    それとクリーピーナッツのDJ松永による解説も必読。
    そういえば引きこもりのハガキ職人ツチヤタカユキを構成作家に呼び込んだのもオードリー若林だった。

    https://amzn.to/3mzz0WC
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.