FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




ヤクザときどきピアノ



買ったままだった「ヤクザときどきピアノ」、やっと読み始めたら一気読みしてしまった。
著者の鈴木智彦は暴力団関連の記事を手がけるフリーライター。映画にもなった「全員死刑」と密漁ビジネスを追った「サカナとヤクザ」は読んだことがあるけど、もっとディープな記事を書き続けてきた人だ。
そういう人が天啓に打たれたようにピアノを弾きたいと強く願う。
それもABAAの「ダンシング・クイーン」を。
かくして52歳でピアノを習う日々が始まるのだけど、ピアノへの純粋な思いと日々のヤクザ絡みの話しの対比やら、先生の熱意とキャラの強さ、著者の自分の気持ちを語る不器用さもあり、先を読みたくなってしまった。
ステイホームで日々に倦んできた人にはいい刺激になる本じゃないかな。

https://amzn.to/2A07jU8
関連記事

Book | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅に倦むことなし アンディ・アーヴァインうたの世界 | HOME | サイゼリヤのチキンキーマカレー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
携帯アクセス解析