FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    ぼくは猟師になった

    CATEGORYBook
    ブルータスの読書特集や、他の書評で気になっていた「ぼくは猟師になった」という本を読みました。
    著者は大学在学中に狩猟免許を取り、猟期七年目の若い方です。
    今の時代に「猟師」という言葉がピンときませんが、猟師仲間の交流が描かれているのをみるとまだまだ知らない世界があるのだなと思います。猟師の高齢化が進む中、猟師になる若い人がいて技術が伝えられていくのがわかります。
    場所は京都。確かに京都は山に囲まれていますが、鹿や猪が普通に捕まえられるとは思いませんでした。
    住む森が狭くなっているのに天敵がいないから数は増え、餌を求めて町に動物が下りてくる、なんてニュースはよく聞きます。
    まだ経験の少ない若い人だからこそ書けた本だと思います。
    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.