FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




ヴァレリー・カーター"The Lost Tapes"



2016年に急逝したボーカリスト、ヴァレリー・カーターの未発表曲集が発売された。
1977年と78年に続けてソロアルバムを2枚出していて、1枚目はリトル・フィートのローウェル・ジョージがプロデュースでカントリー寄り、2枚目は演奏がTOTOでAOR寄りで2枚とも日本では評価が高い。



2000年代もジャクソン・ブラウン("That Girl Could Sing"はヴァレリー・カーターがモデル)やジェイムズ・テイラーのバックコーラスとして来日していたそう。
最近出たTOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーの自伝で明らかになったんだけど2枚目のWild Childでプロデューサーのアシスタントをプリンス
がやっていたらしい。このライナーによるとヴァレリー・カーターのマネージャーがプリンスも担当することになった縁とのこと。それでプリンスとの共作が入ってるのだけど、聞いたら歌い出しが思いっきりプリンス節だった!
Wild Childの路線で3枚目のアルバムを作るためのデモだったようだけどもっと世に出せる音源が見つからないかな。

https://amzn.to/2QfFTMp


https://amzn.to/2Ars6gK


https://amzn.to/2Rqk1Cz


https://amzn.to/2AqAY6h
関連記事

Music | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<長谷川白紙「草木萌動」 | HOME | 永井博のイラスト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
携帯アクセス解析