FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを扱うセレクトショップ

fslogo.jpg
オンラインセレクトショップ fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




MdN「CDジャケット90年代狂騒史」



1996年が20世紀の文化の最盛期で、それからは形を変えつつも新しいものが出ていないと思ってる。
1990年代のCDジャケットを特集した雑誌を見て、CDのデザインについて改めて実感した。



1990年のオリコントップ10はまだレコードを小さくしただけのデザイン。



1992年のベスト10で、ジャケットに文字のないデザインが初めて出る。



1996年には帯やら特殊パッケージを駆使したCDならではのデザインが出来上がっている。今店頭に並んでいても違和感がないくらい。
出版物は1996年、CDは1998年をピークに、売り上げは下がり続けている。
この頃はアルバム100万枚売っても年間ベスト10に入らなかったってのはすごい。



関連記事

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ファミコン復活! | HOME | 首相夫婦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
携帯アクセス解析