FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    樋口毅宏「ドルフィンソングを救え!」

    CATEGORYBook


    ブルータスに連載していた樋口毅宏の「ドルフィンソングを救え!」が単行本になったので買ってきた。

    ---------------------------
    アマゾンからあらすじを抜粋

    45歳、結婚経験なし、子どもなしのフリーター、トリコが人生に絶望して自殺をはかり、意識を取り戻した先は、昭和の終わり、バブルまっただ中の1989年の渋谷。
    30年前にタイムスリップしたトリコは、 青春時代に好きだったバンド「ドルフィン・ソング」の解散を阻止すべく、奔走する!
    トリコはドルフィン・ソング、島本田恋と三沢夢二のふたりを救えるのか?!
    時代は彼女に、何をさせようとしているのか?
    そして、最終的にトリコが行き着く先はいったい、どこなのだろうか?
    ---------------------------

    90年代偽史タイムスリップもの。
    フリッパーズ・ギターの解散をモチーフにしてるわけだけど、主人公の設定や名前のつけ方とかからもわかるように、偽悪的なのかファンを逆なでするような面が強い。
    樋口毅宏はデビュー作がグレート3にインスパイアされたと言ったり、エロ雑誌編集者時代の体験談を小説化したり、論ではないタモリ論を出したり、煽り体質なんだろうな。
    この小説も冒頭でネトウヨをバカにしてるし。
    タモリ論に似て、話の本筋より、樋口毅宏がフリッパーズ・ギターをどれだけ好きか、という主張が強い。
    「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」の渋谷直角もそうだけど、90年代カルチャーどっぷりな人はなんでひねくれてるんだろう。このマンガの名前も出てくるから、樋口毅宏自身も意識してるんだろう。
    表紙は岡崎京子の「リバーズ・エッジ」から。よく許可したなと思う。

    http://amzn.to/1KFrRJp

    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.