FC2ブログ

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    紋切型社会 武田砂鉄

    CATEGORYBook


    時間をかける表現が減ってるな、なんて考えてたら、ちょうどこんな本が目に留まった。

    武田砂鉄「紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす」

    育ててくれてありがとう、全米が泣いた、うちの会社としては、逆にこちらが励まされました、といった無難にこの場をまとめるような20のフレーズを社会学的に解きほぐしていく。
    砂鉄という名前にインパクトがあるので、なんの話題か忘れたが以前ネットの記事を読んだことがあった。河出書房新社でノンフィクションの編集者をやっていて、独立してライターになり、初の著作だという。

    今年の4月25日に発刊されて、6月には四刷りなんだから、この手の本としてはすごく売れている。わかりやすいタイトルが受けたのだとしたら、皮肉なことだ。

    ネットで言葉が溢れれば溢れるほど、陳腐なフレーズが増えていく。
    今の時代に言葉について考えることは、ネット社会の閉塞感や一方的な悪意について考える面が強いが、その面が強いのはある意味ありきたりなことだと思った。
    時事的な話題も織り交ぜている割に論考も浅いし、何より1章が長すぎる。
    ネットのページ稼ぎに合わせた原稿書きに慣れてるからなのかな。
    適菜収にも感じた印象と近い。


    時間をかける表現
    http://fantasticsomething.net/blog-entry-1551.html


    関連記事

    COMMENTS

    0Comments

    There are no comments yet.