fc2ブログ

    fantastic something -ファンタスティックサムシング- 

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    ARCHIVE

    archive: 2023年11月  1/2

    ひるだいじんの麻婆チャーハン

    六光会館の超高級居酒屋おだいじんがランチ再開昼は中華料理専門のひるだいじん麻婆豆腐定食が売りみたいだけどチャーハンも食べたくて四川麻婆チャーハンに。来たら思ってたより量が多かった。950円だったけど都内ならランチでも1300円くらいしそう。チャーハンは具もたっぷりで特にチャーシューが美味しい。麻婆豆腐は甘めの味付け、と思ったら花椒が効いていてシビ辛。食べてるうちに汗が止まらなくなった。挽肉も新鮮。味噌汁...

    • 0
    • 0

    ミュージシャン中川敬とリクオにきく 音楽と政治と暮らし

    山口県岩国市にあるお店ヒマール。手作りの革小物をはじめ雑貨や本、レコードも販売してコーヒーも飲めてワークショップや音楽ライブもやっているお店だ。2020年からは出版も始めている。そういうお店だからお客さんが目当てのものだけでなく手をつけてなかったものに興味を持っても良さそうだけど、お店からしたらそんなお客さんは少ないらしい。そこで何か新しいきっかけになればとh+ bookletというブックレットのシリーズを創刊...

    • 0
    • 0

    11月後半に買った本

    11月後半に買った本繁忙期で出かけられないから今月は本もCDも買い過ぎだ。「読み書き能力の効用」は19世紀後半から労働者階級の識字率が上がることによって世の中がどう変わったか分析した本。1957年の本だけどSNSが広がった現代も似たようなことが起きてる気がするので買ってみた。600ページ以上あるのですぐ読めるかどうか。最近の量子力学関係の本を読んでいて「世界は無数に存在する」という理論について腑に落ちないというか...

    • 0
    • 0

    矢舟テツロー 「矢舟テツロー、ベリッシマを歌う」

    シンガーソングライター矢舟テツローの名はカバーする曲のセレクトが良くて気になっていた。最新作はピチカート・ファイヴの小西康陽がプロデュースでピチカート・ファイヴのアルバム「ベリッシマ」を丸ごとカバーしたもの。ピチカート・ファイヴは野宮真貴が参加してから世間でブレイクした。意外と知られていないけどその前の「ベリッシマ」時代のボーカルはオリジナル・ラヴの田島貴男だった。田島貴男も当時は20代前半でソウル...

    • 0
    • 0

    11月25日購入のCD

    No image

    民謡クルセイダーズ/日本民謡珍道中Sofia Kourtesis/MadresYussef Dayes/Black Classic Musiccamino/変身Pink Pantheress/Heaven Knows井の頭レンジャーズ/モア・シングス!Amaro Freitas/Sangue Negro中村達也/LocusKodama & The Dub Station Band/ともしびJ Rawls/The Liquid Crystal ProjectKing Curtis/AzureThe Cal Tjader Quartet/Live At Club Macumba San Francisco 1956VA/Rebirth Of TBM矢舟テツロー 「矢舟テツロー、ベ...

    • 0
    • 0

    民謡クルセイダーズ 「日本民謡珍道中」

    民謡クルセイダーズ2枚目のアルバム「日本民謡珍道中」ついに発売!しかもユニバーサルと契約してメジャーデビューだ。3年くらい前かと思ってたら1枚目のアルバムが出たのはもう6年前。5年前にライブを見た時には次のアルバムが出せそうなくらい新曲をやっていた。海外ツアーに行ったりコロナもあってこんなに間が空いたんだろう。民謡クルセイダーズは日本の民謡とラテン音楽をミックスしてるのが売り。1枚目はミックスをドライ&ヘ...

    • 0
    • 0

    11月購入のリトルプレスの本

    11月購入のリトルプレスの本今月は文学フリマという文字版コミケが開催されたためリトルプレスから本やZineが大量に発売された。文学フリマには行かなかったけど気になった本を何冊か通販で買った。本が売れないなんて昔からずっと言われているが売上でいうと1996年をピークに下がる一方。そんななか2010年代から音楽のインディーレーベルみたいな感じで自費出版を気軽に始めたり、1人で出版社を立ち上げたりする動きが目立つよう...

    • 0
    • 0

    豊田徹也「アンダーカレント」

    豊田徹也「アンダーカレント」数年前に本屋で表紙を見て気になっていた漫画。何が気になったかって「アンダーカレント」というタイトルのジャズアルバムがあって、ジャケットの水に静かに沈む女性というモチーフが同じだったから。ピアノのビル・エバンスとギターのジム・ホールのデュオ。真木よう子主演で実写映画が公開されていて本屋で面出しされているのを見かけて買ってみた。銭湯を継いだ女性の旦那がある日突然姿を消す。理...

    • 0
    • 0

    エルド吉水 「龍子」

    SNSで見かけた昭和の劇画みたいなイラスト。何回目かにふと著者名を見たら「エルド吉水」。茅ヶ崎のアーティストじゃないか。昔音楽イベントでライブペインティングとかもやっていた。2010年、45歳の時に漫画を描き始めて2016年にフランスで出版、今年になってデビュー作の「龍子」が日本でも発売されることになった。横浜のヤクザの娘、龍子が黒海の架空の国フルセーヤのクーデターに巻き込まれ、過去の因縁を追ううちに舞台は横...

    • 0
    • 0

    春日武彦「自殺帳」

    春日武彦「自殺帳」告知の投稿にあった「自殺帳」という見慣れない言葉に反応した。精神科医として接した患者20名以上が自殺した経験をもとに自殺について思いを巡らせた論考集。実際の患者について詳しく述べているのは1人だけで、新聞沙汰になった自殺者の経緯や創作物での自殺のリアルさを考えている。そこで出てくる答えは自殺する理由は本人以外にはわからないということだ。そこで自殺を7つの型に分けて、どうして自殺しよ...

    • 0
    • 0

    格安ジャズCD

    先日店舗受け取りにタワレコ行ったら新しいジャズの格安シリーズが並んでた。見たことのないキング・カーティスとカル・ジェイダーを購入。キング・カーティスは1960年録音で権利が複雑で2018年に日本で初めてCD化されたそう。その時も1400円の格安盤。ウルトラ・ヴァイブはちゃんとしてるな。作品の方はストリングスもコーラスも入ったビッグバンドでキング・カーティスのサックスがソロを取るもの。イージーリスニング的な演奏に...

    • 0
    • 0

    中西文彦 山口亮志Duo

    昨日は阿佐ヶ谷Cafeinでムジカ・ロコムンド・ノーヴォDJは先日発売された「ブラジル音楽の秘宝」シリーズの特集、そしてライブは中西文彦と山口亮志の初顔合わせ。このギタリストのデュオがすごかった。それぞれの曲をお互い初めて譜面を見るのに息もあってるし強弱のメリハリの付け方やリズムの崩し方など相性が良かった。2人とも定型をわかった上で外れることもできる。ノイジーな演奏もできるしギタリストの演奏なのに2人とも弦...

    • 0
    • 0

    中原昌也Tシャツ放出

    ミュージシャンで作家の中原昌也が闘病中。リハビリから次のステップに移るにあたり大量にあるTシャツを放出することになったそう。会場は変わった音楽や雑貨を扱う高円寺のロス・アプソンで11月15日の1日限定。ロス・アプソンはネットでは買ったことあるけど実店舗に行くのは初めてだ。通りをちょっと曲がって車道が狭くなる手前の開けたところにありいい感じ。15時開始で30分後くらいに行ったんだけどちょうどお客さんが集まって...

    • 0
    • 0

    格安イタリアン ウシータ

    噂の高円寺ウシータに行ってきた。正式な名前はAndiamo all' Uscitaでサイゼリヤ顔負けの手作り格安イタリアン。今はにせんべろセットというのがあってドリンク2杯とフード3品か、ドリンク3杯とフード2品で2000円!ドリンクはスプマンテと赤ワイン、フードは極太にぼ豚+200円、枝豆パルミジャーノ、モルタデッラ。これで2200円。極太にぼ豚は浅草開化楼特製の極太カラヒグ麺を使ったパスタに自家製ローストポークをのせてにぼし粉...

    • 0
    • 0

    ドトール珈琲店

    高円寺南口に普通のドトールと違う「ドトール珈琲店」という看板を見かけて入ってみたらフルサービス型の新業態だった。全国17店舗目だそう。食事もスイーツも充実。コーヒーはビターブレンド、ドトールブレンド、アメリカンソフトブレンドの3種各550円。スペシャルティコーヒーも扱っていてエチオピアのイルガチェフェG1にした。700円。...

    • 0
    • 0

    新宿BOSS博

    新宿のタワレコに寄ったらブルース・スプリングスティーンの写真だらけだったデビュー50周年を記念して「新宿BOSS博」開催中とのこと日本独自企画の4枚組最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』が発売されて、旧譜25作品!の初Blu-spec CD2化も決まったそう。平日のタワレコ、邦楽の階は何かの発売日みたいでレジに行列ができていた。...

    • 0
    • 0

    間借りスパイスカレー pecocurry

    西新宿の間借りのスパイスカレー、pecocurryに初めて行ってきた。店主は湘南在住で去年の年末にサウサリートでお会いしたんだけど今日はたまたま営業してたのでやっと寄れた。場所は新宿警察署の並びを大久保方面に歩いて左に曲がったところ。看板が角を曲がったところにあるから最初通り過ぎてしまった。タイ屋台料理店の手前。無計画チキンカレーと春菊とほうれん草のサグパニールの2種盛りに秋鮭のカレーを追加。無計画チキンカ...

    • 0
    • 0

    南洋叔叔肉骨茶のバクテー

    新宿に来ると世界各地の料理を食べてる気がするな。その中でも人種の坩堝、新大久保は大通りでも看板に日本語が全然書いてないお店もあり目移りする。最近開店したのがマレーシアのバクテーが売りの南洋叔叔肉骨茶。マレーシアにとけこんだ中華料理。具は一押しのスペアリブにした。お箸で骨から取れるくらい肉はホロホロ。スープはシンガポールとは違い黒っぽい。見た目より薄味だけど出汁が効いて美味しい。甘い醤油を薄くして八...

    • 0
    • 0

    Sofia Kourtesis "Madres"

    ペルー出身でベルリンを拠点に活動するDJ、Sofia Kotrtesisのデビューアルバム今38歳というから遅咲きの初アルバムだ。こういう場合は思い入れが強すぎて曲調がバラバラだったり聞きづらい作品が多い。このアルバムは90年代のハウスビートをベースにしながらラテンぽいリズムを取り入れたりして全体に明るい開放感があり聞きやすい。ボーカルも入っていてこういう聞きやすい歌謡ハウスは意外とない。今までの経験を上手く表現でき...

    • 0
    • 0

    Yussef Dayes "Black Classical Music"

    トム・ミッシュとのコラボアルバムで名前を知られたユセフ・デイズジャイルス・ピーターソンのレーベルブラウンウッズ・レコーディングス所属で本人名義のデビューアルバムがワーナー系列のノンサッチから発売された。ドラマーなんだけどピアノはじめなんでもできる人でこのアルバムでは主にドラムとシンセでクレジットされている。作曲は曲によって関わった人が書かれている。ユセフが参加していない曲もある。やってるのはジャズ...

    • 0
    • 0

    Beck's Coffee House

    いきなり寒い。今年は日曜に急に寒くなることが多いな。買い物ついでにBeck's Coffee Houseで朝食。今月でベッカーズが全店舗閉店と知ってリエールのはと確認したらリニューアルの際にBeck's Coffee Houseに変わっていた。しょっちゅう前を通ってるのに気にしてなかった。調べた時にコーヒーのサブスクをやってるのも知った。JRが運営してるから各駅どこでも使えるし便利。1日何杯というのもあれば月に20杯と通勤を意識したプラン...

    • 0
    • 0

    Travesia Ryuichi Sakamoto Curated By Inarritu

    3月に坂本龍一が亡くなってから追悼本が何冊も発行され本屋には追悼コーナーが今もある。亡くなった直後に5月に発売されると告知があったのが映画監督アレハンドロ・イニャリトゥが選曲した坂本龍一作品のコンピレーション。タイミング的に追悼じゃないなと思ったら闘病中の坂本龍一を励ますためにスタッフが本人に内緒で企画を進めていたそう。ライナーノートによるとアレハンドロ・イニャリトゥは1983年にメリークリスマス・ミス...

    • 0
    • 0

    Rebirth of "TBM" The Japanese Deep Jazz

    1970年に設立された日本のジャズ・レーベル、スリーブラインドマイスライブを中心に活動しているミュージシャンの初録音を数多く手がけた。日本のブルーノートとも言われ世界的にも評価されている。レーベル名はアート・ブレイキーの曲とアルバム名にちなんでいて略称はTBM。会社自体は10年ほど前になくなっている。どういう理由か知らないけど2023年になってSONYからTBMのコンピレーションが発売された。選曲と監修はDJの須永辰緒...

    • 0
    • 0

    中村達也 Locus

    中村達也、と聞くとブランキージェットシティのドラマーのと思ってしまうのだけど同姓同名のジャズドラマー。こちらの中村達也も10代から活動し、ロイ・ヘインズに師事して70年代はNYで活動していたすごい人だ。日本に帰国して1984年に日本人メンバーで録音したアルバムLocusがイギリスのレーベルbbeから再発された。発売前から反響がよく世界的にレコードは品薄みたい。前知識なく聞いてみたらニューエイジかアンビエントかという...

    • 0
    • 0

    Kodama And The Dub Station ともしび

    Mute Beat以来40年以上ダブトランペッターとして活躍してるこだま和文のニューアルバムはKodama And The Dub Station名義で全編カバー曲集。ジャズやポップスの有名曲にまぎれてMute Beatと同時代に活動していたじゃがたらのTangoが目立つ。ダブというとエフェクトバリバリ、ベースが爆音のイメージだけどこだま和文のダブはスカタライツとかルーツレゲエをベースにしたゆったりしたものだ。本人の発言は辛口だけど前向きでおおら...

    • 0
    • 0

    ラーメン西輝屋の醤油味玉ラーメン

    湘南台東口から東南へ5分強、ラーメン西輝屋(にしきや)家系なんて久しぶりだ。ここは家系のわりにスープがクリーミーだそう。醤油と塩がレギュラーで冬季限定で味噌もあった。醤油味玉ラーメン900円。スープは豚骨のくさみはなく確かにクリーミーでマイルドな感じ。でも醤油の味は強く塩気が強い。塩ラーメンだったらどうなるのだろう。卓上にはにんにく、豆板醤、白ゴマ、胡椒。にんにくを入れたらいい感じ。チャーシューが肉厚...

    • 0
    • 0

    11月はじめに買った本

    10月下旬から11月はじめに買った本別冊ele-kingのアンビエント特集が出ていた。ディスクガイドを見るとele-kingらしく環境音楽とクラブミュージック寄りの選盤だ。知らないのばかり。毛塚了一郎「音盤紀行」の2巻が発売されていた。レコードにまつわる短編集。絵柄もストーリーも80年代のマイナーなマンガぽい。阿部公彦「事務に踊る人々」はネットで書評を見かけて読みたくなった。ブルシットジョブに対する現場の反論?群像連載...

    • 0
    • 0

    葱油芋艿と涼拌土豆絲

    酒徒さんのあたらしい家中華を見ていて気になったのが葱油。葱を炒めて油に葱の香りをつけるとある。旬の里芋を使った葱油芋艿(里芋の青葱ソース炒め)のレシピがあったから作ってみた。葱を炒めたらもう中華ぽい香り。日本だと小葱を薬味に使ったりするけど中華だと野菜は火を通すことが多いからこうやって香り付けするんだな。里芋を蒸して切って葱油と塩で炒めるだけ。味付けは葱油と塩なんだけど充分美味しかった。簡単に作れ...

    • 0
    • 0

    ハンバーグ

    3回目だいぶ上達した挽肉の鮮度が命よくハンバーグを限定で出してるお店があるけど作る手間というより挽肉の管理の都合上なのかも...

    • 0
    • 0

    吾妻光良 & The Swinging Boppers

    湘南ふじさわジャズミーティング、トリは吾妻光良 & The Swinging Boppers!クワトロで民謡クルセーダーズとのツーマン見て以来。最近のことかと思ってたけど5年前…ドラムの岡地さんがマダムギターのツアー中でお休み。さすがにサンパール広場は混雑してたのでさいか屋のテラスから見た。バッパーズのファンはこちらに集まっていたようでコーラス歌ったり椅子持参の人もいた。選曲は外向きかな。マニアックな曲はなし。他のバンドに...

    • 0
    • 0