FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




The-Aのライブ



茅ヶ崎チャブラでサミーさんのバンド、The-Aのライブ!
総勢8名の大所帯。
でもみんなの音が聞こえる。
こういう複雑なことをシンプルに聞かせるのはすごいこと。
練習大変だったんだろうな。




Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月29日購入のCD

Beck/ハイパースペース
VA/Kankyo-Ongaku JAPANESE AMBIENT ENVIRONMENTAL & NEW AGE MUSIC 1980-90
VA/Pacific Breeze: Japanese City Pop, AOR and Boogie 1976–1986
VA/NO MUSIC, NO LIFE. TOWER RECORDS 40th ANNIVERSARY JAPANESE MELLOW1975-2012 Windy Afternoon
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Kankyo Ongaku




今年の初めにシアトルのレーベルlight in the atticから80年代の日本の環境音楽をメーマにしたアルバムが出たのだけど、全然見かけず。
どうも著作権を持つ日本のレコード会社が日本以外の国で発売するという条件でリイシューにOKを出したとか。
海外レーベルから出た日本の音楽のコンピなら日本でも買う人はいるし、そういう頭の固さが日本の音楽が広まらない一因なんだろうなと思う。
でプレミアがついていたのだけど最近安くなってるのを見かけて買ったら、グラミー賞の候補になったというニュースが入ってきた。
実物見てわかったのだけど7インチサイズの本みたいな装丁で、最優秀ヒストリカルアルバム賞にふさわしい造りだった。表のシールが思いっきり破れてるけど海外ではよくあること。
フィジカルはまた入手が難しかなりそう。
アマゾンプライムに入ってたら無料で聴けるよ。

https://amzn.to/2DoLVX0

ついでに同じくlight in the atticから出たシティポップのコンピも購入。


Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

拡大するシティポップ



タワレコ40周年記念で日本のポップスのユニバーサル盤が出た。
ただ解説に「日本のシティポップ、究極のベスト・コンピレーション」とあるのは違和感。
‪https://tower.jp/item/4985897‬

ジャンル警察ではないんだけど日本のシティポップはもっと狭いものだった。はっぴいえんど、ナイアガラ、ティンパン周辺。
その枠からはみ出した山下達郎の存在がシティポップの幅も広げたと思う。山下達郎に音楽性の似てるAORやブギファンクもシティポップ。AORぽい歌謡曲もシティポップ。

このままだと80年代の日本のポップスは全部シティポップとして世界に広がりそうだ。
二束三文のレコも買っといた方がいいかな。何が受けるかわからない。

となるとはっぴいえんどのルーツのモビー・グレープがシティポップのルーツか。
エイプリルフールのジャケはモビー・グレープの1stを模したものだし。
本国アメリカではすっかり忘れられているバンド、モビー・グレープ。
メンバーで1番目立ってたスキップ・スペンスも薬でぶっ飛んだ変な人扱いだった。ベックのおかげで90年代にちょっと再評価されたけどもう亡くなってしまった。







Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月16日購入のCD

ニューエスト・モデル/ソウルフラワーダンスヒッツ1990-1992
Massive Attack/Mezzanine 20th
Jaye P. Morgan
J. Lamotta Suzume/Suzume
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

菜音のみぞれわさび和え







ちょい呑みの翌日だから空いてるかなと菜音へ。
本日の肴から鮪のみぞれわさび和え。大根おろしにわさびが和えてあってこれだけでもつまみになりそう。
明太きゅうりとお通しのいくらひじき。

Foodie | コメント:0 | トラックバック:0 |

11月13日購入のCD

小沢健二/So Kakkoii 宇宙
椎名林檎/ニュートンの林檎
長谷川白紙/エアにに
のろしレコード/OOPTH
東京初期衝動/Sweet 17 Monsters
Towa Tei/Arbeit
Steve Hiett/Down On The Road By The Beach
/Girls In The Grass
Paul Wine Jones/Mule
Orquesta Del Sol/same
/Rumba
/Bravo!
/Carcajada

買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Steve Hiett



アマゾンのおすすめメールの件名に「渚にて」と書いてあってニール・ヤングか映画かと気になり見てみたらこのアルバムだった。
シティポップの流れで再評価されている佐藤博のawakening。青い空が印象的なジャケなんだけど、その写真を撮ったイギリスのカメラマン、スティーヴ・ハイエットがもともとバンドをやってて1983年に日本主導で1枚だけアルバムを発表したそう。
聞いてみたら当時ならニューエイジ、今ならバレアリックと言われそうな音だった。
プロのミュージシャンじゃないのにのびのびと音を出してる。
サポートにはムーンライダーズのメンバーが参加。
https://amzn.to/2NzNFCM



そして最近86年から96年頃までに自宅で録音した未発表曲集も発売された。
こちらは全曲インスト。打ち込みもありで日本のNatural Calamityに似た感じ。

https://amzn.to/372YBR8

期せずして仕事のBGMに合う音に出会えた。
Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

Vampire Underground



自宅発掘CD。
南アフリカのインド系コミュニティで結成されたバンド、The Vampires。
ギター、ベース、ドラム、時々オルガンに加えてメロディはフルートが担当する変わった編成。インドっぽさはない。
辺境ファンクの流れで手に取ったんだけどフルートだからハービー・マンやフランシス・レイはいいとしてウィルソン・ピケット、ディープ・パープル、果てはツェッペリンまで節操のない選曲。
またよりによってツェッペリンだけボーカル入り。1番ハードル高そう。
1971年の録音で2014年に初CD化。

https://amzn.to/32wiTig

Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

Dr. Feelgood"I'm A Man The Wilko Johnson Years 1974-1977




これも久々に聞くCD。
Dr. FeelgoodのCDは売り払っちゃったんだけどウィルコ・ジョンソンが癌で余命幾ばくもないと知り買い直した。
Rhinoからの再発だからか音はすごくいい。
何年かして誤診とわかりウィルコは今もライブやってるようだ。去年も日本に来たし。

https://amzn.to/2pGOHna
Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

Chillhop Radio ~ Beats to Relax to




最近ジャケで損してるんじゃないかと思ったアルバム。
ローファイ・ヒップホップをリリースしてるオランダ・ロッテルダムのレーベルChillhop Musicのコンピ。Chillhop Radio ~ Beats to Relax to
P-VINE経由でタワレコ限定販売。
昔ジャジー・ヒップホップと言われてたインストヒップホップが更に音数が減った感じ。
ジャケにちょっと描かれてるNujabesとあとJ Dillaがルーツ。
内容はすごくいいんだけどこのアニメ絵だと手に取りづらい。
Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

The Smith-Glamann Quintet "Poinciana"‬



‪先週のカフェパンセでのEri Liaoさんとファルコンさんのライブで演奏前後にかかっていたのはこのアルバム。リズム隊にハープとアコーディオンを加えた変わった編成のジャズ。‬
1955年。ジャケもいいね。
‪20年くらい前に買って変わった音だから時々聴きたくなる。
最近限定で安く再発されたみたい。‬ ‪

The Smith-Glamann Quintet "Poinciana"‬
https://amzn.to/2C3eAAe‬

https://youtu.be/qrq1vYt2oNQ @YouTubeより‬

Music | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
携帯アクセス解析