FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを扱うセレクトショップ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




長谷川白紙「草木萌動」



12月19日にリリースされてから話題の長谷川白紙、初CD。
ぱっと聞いてスクエアプッシャーやコーネリアスみたいなんだけど、パクリみたいな借り物感がなくて、もっと大きな曲全体の流れの中でたまたま似ているだけみたいに感じる。普通のジャズみたいな展開もあり、調べてみたら現役音大生とのこと。
この音にメロディーがちゃんと乗っているのもすごい。
YMOのCueのカバーもやってる。
まだ20歳らしいけど、ポップソングにとどまらないでオーケストラを使った現代音楽とかに行ってしまいそうだ。

https://amzn.to/2SB8T3n

長谷川白紙という鮮烈な才能 初CD『草木萌動』を小野島大が解説 @realsoundjpさんから https://realsound.jp/2018/12/post-297977.html‬
Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヴァレリー・カーター"The Lost Tapes"



2016年に急逝したボーカリスト、ヴァレリー・カーターの未発表曲集が発売された。
1977年と78年に続けてソロアルバムを2枚出していて、1枚目はリトル・フィートのローウェル・ジョージがプロデュースでカントリー寄り、2枚目は演奏がTOTOでAOR寄りで2枚とも日本では評価が高い。



2000年代もジャクソン・ブラウン("That Girl Could Sing"はヴァレリー・カーターがモデル)やジェイムズ・テイラーのバックコーラスとして来日していたそう。
最近出たTOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーの自伝で明らかになったんだけど2枚目のWild Childでプロデューサーのアシスタントをプリンス
がやっていたらしい。このライナーによるとヴァレリー・カーターのマネージャーがプリンスも担当することになった縁とのこと。それでプリンスとの共作が入ってるのだけど、聞いたら歌い出しが思いっきりプリンス節だった!
Wild Childの路線で3枚目のアルバムを作るためのデモだったようだけどもっと世に出せる音源が見つからないかな。

https://amzn.to/2QfFTMp


https://amzn.to/2Ars6gK


https://amzn.to/2Rqk1Cz


https://amzn.to/2AqAY6h

Music | コメント:0 | トラックバック:0 |

永井博のイラスト



藤沢の地下道を歩いてたら発見!
この不動産屋の広告、サニーデイサービスのDance To Youと同じだ。
ということはイラストレーターは大滝詠一のLong Vacationのジャケで有名な永井博?


Diary | コメント:0 | トラックバック:0 |

1月1日購入のCD

長谷川白紙/草木萌動
Valerie Carter/The Lost Tapes
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2019初詣





せっかく元旦に藤沢にいるので遊行寺へ。
思ってたより空いていた。みんな明日からの箱根駅伝に合わせて来るのかな。
屋台も10軒くらい出てる。オムそばと迷って沖縄そばを。


Diary | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
携帯アクセス解析