FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを扱うセレクトショップ

fslogo.jpg
オンラインセレクトショップ fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




いただきもの

昨日、バーのマスターから「うちの奥さんがパンを焼いたんだけどきますか?」と連絡があり、行ってみたらこんなに立派なパンをいただいてしまいました!
100331_2156281.jpg
れいこさん、ありがとうございます!
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月30日到着のCD

Stephan Mathieu/The Sad Mac 終わりなきコンピューター・トラブルにささげられた作品。宮沢章夫のツイッターで知った。
GREEN ROMANCEORCHESTRA/Play Parts Ⅰ and Ⅴ ピーター・バラカンの番組で流れていて興味を持った。元パールジャムの人のバンド。ちょっとカントリー入ったロマンチックなアルバム。
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブルックリン最終出口


20年くらい前、学生の頃に買おうと思っていながら買ってなかったら、いつの間にか絶版になってしまった本です。
『夢へのレクイエム』が1999年頃映画になったためいい機会だったのですが、それでも再版されませんでした。
ネットで安く買って読んだのですが、これは学生の頃に読んでおくべきでしたね。
1950年代のすさんだ生活が描かれています。
胸が自慢の娼婦が酔っぱらって調子に乗りすぎて店にいた男全員に侵されて死んでしまう話や、労働組合の代表をやっている男がゲイの世界にはまって最後には男の子をいたずらしようとして仲間に半殺しにされるとか。
ビートの流れにいる人だから、露骨でえげつない描写が淡々と続きます。
イタリアでも戦後ネオレアリズモが流行りましたが、イタロ・カルヴィーノの初期作品やピエル・パオロ・パゾリーニの小説に雰囲気が似ているかもしれません。

よくビジネス雑誌に企業ドラマみたいな小説がありますよね。
あれも起こったことを淡々と描いているだけですが、表現の仕方が違うんですよね。「誰々が決断したのはその時だった」みたいな。
そういう小説とは正反対のものです。
僕は『ブルックリン最終出口』の側から出られません。
読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

全然知られていないHiphop



最近聴いた中で1番の衝撃がこのCDでした。
Stones Trowから出たStrong Arm Steadyの"In Search Of Stoney Jackson"。
『ラりッたジャクソンを探して』なんてタイトルだけど、本名がJacksonのMadlibがプロデュースしている。
そのMadlibのバックトラックがすごすぎる!
ベースがうなりっぱなし!
バスドラの音が抑えてあるんだけど、それもまたベースの音っぽい。
正直ラッパーは普通のレベルだけど、バックトラックがかっこいいからラップのレベルは問題にならない。
最新のヒップホップの音ではない、オールドスクールな感じで、この音はやばすぎる!
普段、アルバムを取り上げてプッシュしたりしないけど、あまりに知られていないので、書いておきます。
Stones Throwはなんで日本版を出さないんだろう?サブレーベルでは出しているのに。
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

読みかけの本

今月は妙に忙しく、通勤電車でも寝ていることが多い。
そんな時は集中できないから、読みかけの本がたまってしまった。

ヒューバート・セルビーJr. 『ブルックリン最終出口』 最終章で中断
円城塔 『Self-Reference ENGINE』 1/3ほどで中断
フリッツ・ライバー 『跳躍者の時空』 天才猫ガミッチシリーズを読み終わったところで中断。

読みたい本はいっぱいあるけど、まずはこっちを読んでしまおう。
次に読むのは青山真治の映画評、その次は阿部和重の『ピストルズ』かな。
読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昨日と今日買ってきた本

100327_1126591.jpg

昨日の帰り、本屋が開いていたので阿部和重の『ピストルズ』を買おうとしたら、伊坂幸太郎の本も出ていたので一緒に買ってきた。
今朝になって伊藤計劃の本が出ているはずと本屋に行ったら売ってなく、別のお店に行ったら『伊藤計劃記録』の方は1冊しかなかった(『メタルギアソリッド』は普通にあった)。
柴田元幸とか岡田利規とか、まあサブカル寄りのものばかり買ってしまいましたよ。
読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

引越し完了

ず~っと気になっていた引越しが無事終了しました。
新年度を前に部署自体が別のオフィスに移りました。
西新宿の中での移動だったから、レンタカーを使っての簡単なものでしたが、社員だけで作業しました。
いろいろな段取りを決めるのが大変で…
予定通り終わったからまあいいか。

来週も倉庫に荷物運んだり、新刊配布したり、体を使う仕事が続きます。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初めてのパソコンDJ

いろいろとお世話になった家鴨長屋さんのために、最後のイベントでDJをやらせてくださいと頼んだのが17日の水曜日。
二つ返事で受け入れてくれたGEORGEさん、家鴨長屋さん、ありがとうございました。

パソコンを使ってのDJ、しかもターンテーブル型のコントローラーなしで、マウスを使ってという状況でした。
結果として、パソコンを使ってもDJができるんだと広められたと思います。
藤沢には音楽好きが多く、同じようなリスナー遍歴でも好みは人それぞれだから、PCでもDJをやればその人らしさが出しやすくなると思います。

僕はCDからデータに変換してますが、CDだとアルバムごとの録音レベルが違いすぎます。データだと一曲ずつ買うことも出来るし、音のレベルも違いすぎることはないだろうから、今後活用する人も出てくるんじゃないでしょうか。
僕が使っているMIXVIBESというソフトはMP3とWAVに対応しています。データをダウンロードするときはファイル形式の確認が必要ですね。
あと、ファイル名に日本語が入っていると読み込めませんでした。iTunesと併用してミックスすればできそうです。

今回のイベントは家鴨長屋さんのお客さんが中心で、初めてのディスコパーティーということもあり、懐かしの(自分が知っている)曲で盛り上がる傾向は強かったと思います。
セプテンバーとマイ・シャローナが一番盛り上がってた。

僕はCDにしろDJにしろ、聞いたことのないかっこいい曲を聞きたいという思いが強いのですが、普通はそうではないということを実感しました。
ほとんどの人が初めて聞くけどかっこいい曲をかけたい、なんて思っていたのですが、ちゃんとお客さんが求めている方へ軌道修正しました。自分が好きな曲だけかけるなら家でできますからね。

PCはピッチ合わせるのまでマウスだけで出来るかが今後の課題ですね。

でも、本当にいい経験でした。

さて、今週末はは引越しだ!けっこう日程がきついけど何とか乗り切ろう。
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2010年3月21日家鴨長屋

2010年3月21日に家鴨長屋にお客さんが入ってきてから流した曲のリストです。

18時40分~
KOOL & THE GANG/FUNKY STUFF
MARINA SHOW/LOOK AT ME,LOOK AT YOU
RAY PARKER JR/A WOMAN NEEDS LOVE
SADE/SMOOTH OPERATER
TOTO/ROSANNA
LES GO/I CAN’T GO FOR THAT コートジボアールの女の子三人組によるフランス語カバー
STEELY DAN/PEG
DOOBIE BROTHERS/WHAT A FOOL BELIEVES 個人的に藤沢といったらこの曲。どこのお店でもかかっている
GEORGE DUKE/I LOVE YOU MORE
20TH CENTURY STEEL BAND/HEAVEN & HELL
BOBBY CALDWELL/WHAT YOU WON’T DO FOR LOVE

21時10分~
DIANA ROS/I’M COMING OUT
THE JACKSONS/BLAME IT TO THE BOOGIE あまり知られていないマイケルの曲
CARL CARLTON/EVERLASTING LOVE
EARTH WIND & FIRE/SEPTEMBER
BEE GEES/NIGHT FEVER
LOLETTA HOLLOWAY/RUNAWAY ニューヨリカンソウルのカバー(完コピ)じゃなくてサルソウルレーベルのオリジナルバージョン
THE RIMSHOTS/7654321 BLOW YOUR WHISTLE
KC & THE SUNSHINE BAND/THAT'S THE WAY
MICHAEL JACKSON/BILLY JEAN

音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

家鴨長屋最後のディスコパーティー

100321_家鴨長屋ディスコ

藤沢駅南口にあるダイニングバー、家鴨長屋さんが新規事業を開始するため、お店自体は3月27日で閉店します。
ウッドベースの広いお店なので、最後にDJイベントを行うことになりました。
SausalitoのGeorgeさんとmakiちゃんがディスコクラシックと80年代ヒットを中心に回します。

無理言って僕も参加させてもらえることになりました。
レコードは枚数が足りないので、パソコンを使ってのDJです。
iTunesじゃないですよ。
MIXVIBEというDJソフトのHOME EDITIONです。
PCの画面上にクロスフェーダーとかがあり、マウスでDJをやるという、sausalito界隈では初の試み。
18時頃の早い時間帯と、夜遅くに40分時間をもらっています。
いろいろ考え、かっこいい曲や自分が聴きたい曲よりも、明るい雰囲気の曲をかける予定です。
たとえば、早い時間にTOTOの"Georgy Porgy"をかけようかと思っていたのですが、違う曲に、とか。
マイケルも"Rock With You"じゃない曲にしようかと思っています。

Heatwave、Prince、Teddy Pendergrassあたりは絶対かけます。
3月21日19時から、チャージは1500円です。
お近くの方、時間があったらぜひお越しください。

上の画像→ bit.ly/ahirudisco
HP→ http://www.ahirunagaya.com/
食べログ→ http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14002756/
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月18日購入のCD

VA/SWEET SOUL REVIEW MORE URBAN
SWEET SOUL REVIEW MORE SHINY 

レアな曲が売りのCDなのに、ミックスされているのと、擬似歓声が入っているのがウザい。
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月17日購入&到着のCD

birgit lystager/ready to meet you
RIVA STARR/if you gives you lemons. make lemonade
sylvian Chauveau/Singular Forms
KARIZMA/K2 EDIT EPISODE ONE
i am robot and proud/uphill city remixes 6 collaborations
Taj Mahal/Senor blues
BERT JANSCH/L.A.Turnaround
AROUND THE WAY/SMOOTH IS THE WAY
CODEINE VELVET CLUB/1st
BASS CLIF/MAY THE BRIDGE I BURN LIGHT THE WAY
JESCA HOPE/KISMET

買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

犬の赤ちゃん!?

これウケルッ!

http://bit.ly/d5U3gH
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月12日購入のCD

DARWINS THEORY 超ファンキー。スライ・ストーンのスタジオで録音された未発表作品。
PINK SKULL/ENDLESS BUMMER
HORACE ANDY/DANCE HALL STYLE
BULLWACKIES ALL STARS/DUB UNLIMITED
KOUSHIK/BEEP TAPES 最近STONES THROWはレーベル買いしているな
VA/SECONDHAND SURESHOTS

ダン・ペンの再発と、サイケデリック音楽のガイドブックを見かけたのに買い忘れた。
店内で流れてるジミヘンが気になっていたから?
ジミヘンの未発表アルバムはけっこういい。とりあえず買わなかったけど。
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月10日到着のCD

野戦の月楽団/Snare & Slave Blues 03+06
VA/ATTRACTIONS konishi yasuharu remixes 1996-2010
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

突然の雪

今日は冬の寒さが戻り、夕方の外出時も冷たい雨が降っていました。
そしたら、帰り際に天気情報をチェックすると、雪が降っているとか。
はたして、外に出たら雪が降り、しかも積り出していたのです。
足元が滑る中、撮った写真がこちら。
1003091924_西新宿
3月の新宿とは思えない風景ですね。
電車の時間ぎりぎりに会社を出たから、1本乗り遅れるかと思いました。
無事電車には間に合い、3分ほどの遅延で帰れました。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ジャズ喫茶論



『戦後日本のジャズ文化』でサントリー学芸賞を受賞したマイク・モラスキーが今度は『ジャズ喫茶論 戦後の日本文化を歩く』という本を出しました。
ミネソタ大学教授でありながら、ジャズのピアニストをしていて、日本にも住んでいたので日本語で本を出しているという方です。
前の本を書いているうちに、日本独自のジャズ喫茶を詳しく調べたくなったようです。
本人も1976年の初来日の時にジャズ喫茶に初めて行ったとか。
現存しているジャズ喫茶を渡り歩き取材をしているのですが、純粋な意味でのジャズ喫茶(音が異常に大きい、私語厳禁、昼も営業しているとか)はほぼ絶滅しています。
現存するお店はたいがい、夜のみの営業になっていたり、昼は定食とか出していたりします。まあ残っているだけでもすごいのですが。

論と銘打ってはいますが、実質的にはジャズ喫茶めぐりといった内容です。
今も残るジャズ喫茶の報告といった感じで、紀行文的に楽しめます。

読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

藤沢の音楽スタジオ

昨日は取材でした。
川崎でよく路上ライブをやっている女の子だったのですが、藤沢のスタジオが取材場所になりました。
ちょうどユーチューブにアップする動画を取ろうとしていたとか。
で、そのスタジオが藤沢では評判いいんですよ。
オープンして2年半くらい。
当然きれいだし、料金も安いし、雰囲気もいい。
だって、ロビーがこんな感じですよ。↓

100305太陽ぬ荘

このロビーでイベントもやります。らぞくとか水母ボーダーズとか、ライブやってますからね。
レッスンもやってるし、録音も格安だから、近くの方は一度行ってみるといいですよ。
藤沢駅南口徒歩4分ぐらいです。イトーヨーカドーの近くですね。
http://www.bbstreet.com/taiyo/


音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

これはすごい!

SWINGジャーナル2010年3月号の表紙がすごい!

モヒカン時代のソニー・ロリンズ!

スイングジャーナルの読者は年齢層高目だし、ロックとか嫌いな人が多いと思うから、そういう読者はこの写真を見てどう思うんだろう?
これはすごい!…の続きを読む
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

面白いマンガ

さり気に漫画も読んでいます。
月に1回くらいは漫画コーナーを見て面白そうなら買ってみる、というレベルですが。

誰にでも進められるのはこれ

『深夜食堂』安倍 夜郎
昨年ドラマ化されました。
注文されればその日ある材料で料理を作る深夜営業のお店のお話。
小学館漫画賞も受賞したようですね。


望月ミネタロウ の新作『東京怪童』は、前2作『ドラゴンヘッド』『万祝』がハイスピードなストーリーだったのから一転して、ゆっくりした展開。先天的、後天的に脳に異常のある患者が集まった病院が舞台だからかな。
今のところ2巻まで出ている。なんとなく村上春樹的な雰囲気もある。
相変わらず、スニーカーと服がかっこよく描かれている。


沙村広明という作家は『シスタージェネレイター』という短編集を読むまで知らなかったのですが、この人はいいですね。画力もあるし、ストーリーを作れる人ですね。



朝倉世界一は苦手感があり、読んだことがなかったのですが、『デボネア・ドライブ』を読んでこりゃいいと思いました。


矢作俊彦原作、谷口ジロー画の『サムライ・ノングラータ』も面白かった。
原作の小説も買ったような気がする。
矢作俊彦は皮肉や口の悪さが面白い。企業や国家的な発想押しつけに対する個人としての信念がいつもテーマとなっている。話自体も展開にひねりがあって、豊かなストーリーだなといつも感じる。


『昆虫探偵ヨシダヨシミ』青空大地
虫の問題を解決する探偵が主人公のギャグ漫画。
哀川翔主演で映画化されるらしい。

あと、新刊が出るとチェックしている漫画家というとこんな感じ。
江口寿史
荒木飛呂彦 小学生5年の時にジャンプで『魔少年ビューティー』の連載が始まって以来追っかけている。
本秀康 『レコスケくん』の人ですね。音楽以外のマンガも書いています。
桜玉吉 ファミ通でゲームを漫画化していた頃から読んでいる。メトロイドとかだから中1か?
山本直樹 エロい話が多いけど、読むと映画を感じさせる漫画家。『レッド』はすごい。
山川直人 不遇な期間が長かった短編漫画家。最近連載が終わった作品のタイトルが『コーヒーもう一杯』といえば興味の出る人もいるでしょう。
士郎正宗 1986年、中2の時にアップルシードの1・2巻を買った。ドミニオンが1番好きかも。
渡辺電機(株) マンガには全然出てこないが、ディープな音楽好きな方。70~80年代、プログレ・ニューウェーヴ中心か。
西原理恵子 宝島に連載していた頃からもう20年くらいになるのか。



読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月6日購入のCD

SADE/SOLDIER OF LOVE 日本盤出た。10年ぶりのニューアルバム。シャーデーのアルバムが世界で合わせて5000万枚売れているらしい。
PINK MARTINI/SPLENDOR IN THE GRASS クラシックや歌謡曲をビッグバンドスタイルでやってるアメリカのバンド。ヨーロッパで売れているらしい。
渋さ知らズ/渋夜旅
YOUR SONG IS GOOD/B.A.N.D. 初めてアルバムを買ったけど、思ってたよりリズムが単調。
買物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

トマトとミント

今日、残り物で作ったパスタはおいしかった!
ミニトマトを刻んだものとキャベツをオリーブオイルで炒めて、ケチャップ、コショウで味付けしたソースに茹でたパスタを絡めて、チーズとミントを合わせました。
トマトとミントが合う。まぁ、トマトは基本的になんでも合うけど。

ミントは醤油炒めに混ぜても味が軽くなるから、なにかと重宝します。安売りすしてる時には買うようにしています。
グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

お昼はトンカツ

仕事で外出した帰り道に見覚えのある店が…
テレビで開店までの経緯を取材・放送されていたお店でした。
ランチをやっているお店があたりにまったくなかったので、そこに入ってみました。

飲食店をやっている実家から独立し、トンカツ専門店を始めたけど、開店からしばらく経つと夜の来客がすごく減ったと紹介されていました。

中はお客さんがぽつぽつと。でも一時の時点で岩手の豚を使ったスペシャルランチは売り切れていました。
なのでロースカツを注文。
女性にアピールしたいからかご飯と豚汁の量が少なく感じた。
ロースカツは衣の油少なめ、肉はジューシーでおいしく、満足。
夜はトンカツ以外も出しているみたいだけど、量は少なそうな感じ。
お客さんは途切れず入っていましたね。
パートに対する態度や、注文の確認の仕方を見ていると、よく言えば職人意識が高い、悪く言えば感じ悪いと取れました。
三十代だと思うけど、お客さんに見られているのを気にしたことがないんじゃないかな。料理を出してあげてるという風に感じました。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

考えない人



宮沢章夫のエッセイ集が久々に出た。
80年代地下文化で大学教授になったり、『チェーホフの戦争』、『時間のかかる読書』など書評の発表が続き、固いイメージが強く出てました(どれも面白い)が、やはり気を抜いて読めるエッセイで本領発揮といった感じです。
『牛への道』、『わからなくなってきました』ときて、『考えない人』というタイトルが意味深でいい。
イラストがしりあがり寿で、ロダンの考える人のことなど何も考えていないボーッと立った人が表紙というのもいい。
『考えない人』というのは、単に何も考えない人のことじゃありません。それじゃバカなだけ。この期に及んでそれはないだろう、という考えなさや、結果面白い表現のこと。
今回一番面白かったのはバンド募集欄の「ボーカルのミックを探しています」とか。ツイッターの「つぶやき始めて三週間」とか。
まあ、読んでみてください。
読書 | コメント:0 | トラックバック:0 |

思いのほかおいしく

100301_豚肉とキノコ炒め

残り物で作った炒め物が、思いのほかおいしく出来た。
味噌と鰹だし汁にバターを加えたのがよかったのか?単に味が濃かっただけの気もするけど。
見た目は良くないね。
豚肉とネギ、舞茸、えのきを炒めました。
グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
携帯アクセス解析