FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




つけびの村  噂が5人を殺したのか?



話題のノンフィクション「つけびの村」買ってきた。
9月25日発売だけど都内やネット書店には入荷してる。
2013年、12人が暮らす山口県の集落で一晩で5人殺害され、翌日みつを的なポエムを書いた張り紙が見つかった事件。八つ墓村みたいで報道された時に気になってた。
その事件を追い続けていたノンフィクションライター高橋ユキさんのnoteが今年の3月頃に話題になり今回書籍化された。
まだ未読だけど「噂」が鍵みたい。
今の日韓関係につれ世界の紛争につれ、行き着くところはお隣さん問題だと思う。この本がこんなに注目されるのは社会の問題を集約した村を描いているからじゃないかな。

オビが藤原ヒロシなのも謎でいい。
ノンフィクションの割に売れるのは決まってるようだから普段ノンフィクションや本自体を読まない層にも届いてほしいな。

今月は集落を書いた本がもう一冊出る。芥川賞作家阿部和重のシンセミア、ピストルズに続く神町3部作最後のオーガ(ニ)ズム。こちらも楽しみ。

https://amzn.to/2kXrydW
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

&Music 土曜の朝と日曜の夜の音楽



&プレミアムのネット連載(https://andpremium.jp/music/)をまとめたムック本「&Music 土曜の朝と日曜の夜の音楽」が出ていた。
土曜の朝と日曜の夜に合う音楽を紹介するコラム。
ツイートで見かけると読んでたけど毎週チェックしてなかったのでこうしてまとまると便利。
今回は2016年と17年の分。
選曲の常連よりコトリンゴとか普段あまり文章を見かけない人の選曲が興味深い。多屋澄礼のセレクトが気になった。
「土曜の朝と日曜の夜の音楽」というのがあざといくらいだけど、多分「雨と休日」という音楽のセレクトショップから思いついてつけたんじゃないかな。「雨と休日」は実店舗が復活したようなので行ってみたいと思ってる。

https://amzn.to/2lXPuy5
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

時間は存在しない


刺激的なタイトルで読んだら中身も痺れた。
量子重力の研究をしてる物理学者が一般向けに書いた本。
時間というのは不思議で過去はわかるけど未来が遡ってきたりはしない。感覚的に伸びたり縮んだりする。物理的には飛行機など速い乗り物に乗るとゆっくり進み、山の上など重力が弱いと早く進む。
宇宙に目を向けると例えば今目に見える火星は光の速さで15分前の姿で、そこまで距離が広がると「いま」という意味が揺らぐ。(その点では地球は「いま」という概念が通じる大きさにたまたま収まっている)
量子論を突き詰めると世界の成り立ちを表す数式に時間の変数が必要ないと1960年代には分かっていたらしい。
時間の変数が必要ないから「存在しない」という表現になる。
ただこの世に生きてる身としては時間の流れを意識せざるを得ず、割り切れない。
物理学的にはいろんな「いま」が関係しあっている結果として時間があるという認識らしい。時間が等しく流れるのではなく、それぞれの時間が存在している。
今の量子重力理論も100年前にアインシュタインが予言していたことから発展していることを考えると、先見の明があっても人1人の人生では追求しきれずに結果が後世に持ち越されている。アインシュタインでも紀元前のギリシャ人でも才能のある人の寿命がもっと長ければ人類の知識ももっと進んでいたかもと感じた。原著名は「時間の順序」で時間はあるんじゃなくてあると思うから時間があるという意味だと思う。

https://amzn.to/2kBjajY

Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

越境する音楽家たちの対話



先月本屋で見かけて手に取った一冊、『越境する音楽家たちの対話;ワールドミュージックとは何だったのか?』。
世界各国の文化に根ざした音楽を学び、今の日本で演奏する音楽家たちの対談集。
対談というよりは自分がどんな音楽を学んで今何をやってるかの報告という感じだった。
日本各地でライブを続けてる人たちだけど意外とメディアには取り上げられないので本人たちの発言がまとめられている本は貴重。
藤沢のカフェ・パンセで聞いたことのあるミュージシャンも多い。
僕が読んできたロックやパンク、ポップスのミュージシャンの自伝との1番の違いはワールドミュージック関係の人はほぼ全員小さい頃からピアノかバイオリンを習っているということ。
ロックからワールドミュージックの領域に入ってきた人と音楽教育を受けてきた人の対比も面白い。
ただ対談を文字にしただけなのか無駄な重複があったり、話が細切れになっていて読み辛く、読み終わるまで時間がかかった。

https://amzn.to/30N49f3



Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

トマス・ハリス「カリ・モーラ」



サイコパスの代名詞、レクター博士を生んだ「羊たちの沈黙」の作者、トマス・ハリスの新作がいきなり文庫で出た!
読者層からすると文庫の方が売れると考えたのかな。

https://amzn.to/314NG5v
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
携帯アクセス解析