fc2ブログ

    fantastic something -ファンタスティックサムシング- 

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB

    CATEGORY

    category: Book  1/69

    三國清三 「三流シェフ」

    2022年末でオテル・ドゥ・ミクニを閉店したシェフ三國清三の自伝。戦後の立身伝みたいで面白い!1954年に生まれた時点で戦後10年近く経ってるわけだけど北海道の漁師町出身だから高度経済成長とは無縁のため時代がずれて感じる。中卒で住み込みで働いていた米屋で初めて食べたハンバーグに感動してコックを目指したというのだからそれまでは都市と比べると本当に貧しい暮らしだったのだろう。でも中卒から札幌グランドホテルに入り...

    • 0
    • 0

    エレガンス・イブのちひろそん特集

    ショムニで知られる漫画家安田弘之の「ちひろさん」がNetflixで映画化されるのに合わせて掲載誌のエレガンス・イブで特集されていた。風俗嬢の日常を描く「ちひろ」が男性誌のモーニングに掲載され、数年後に海辺の街の弁当屋で働く「ちひろさん」の連載が始まった。続編が講談社から秋田書店に移籍するのは珍しいんじゃないかな。自分は数年前にTwitterの広告で見かけたのと写真家植本一子が推してたので読んだ。人情ものなんだけ...

    • 0
    • 0

    1月下旬に買った本

    1月下旬に買った本単行本の発売日は流通の関係で前後することがある。藤沢だとだいたい予定日の1日遅れで入荷する。今日は珍しく明日発売予定の本が2冊すでに入荷していた。映画「ファイトクラブ」の原作者チャック・パラニューク、18年ぶりの邦訳「インヴェンション・オブ・サウンド」Twitterで見かけた「絶対に終電を逃さない女」初著書「シティガール未満」。この2冊がネットでの表記上は27日発売予定。「俺が公園でペリカンに...

    • 0
    • 0

    真魚八重子「心の壊し方日記」

    題名が強い。映画ライター真魚八重子の「心の壊し方日記」真魚八重子はネットの記事をみかけて、映写師がブログを書いていて映画ライターになったというプロフィールも知っていた。雑誌映画秘宝が炎上して結果廃刊になったのだけどその騒動に巻き込まれて炎上してたのも覚えていたからその話しかなと思い読み始めたら、違った。10歳上の兄が大動脈瘤破裂で突然亡くなる。葬儀後に遺品の整理をしていると、離婚して実家の近くに住ん...

    • 0
    • 0

    xiangyu(シャンユー)「ときどき寿」

    本屋の邦楽ミュージシャンコーナーで見かけた一冊。xiangyu(シャンユー)「ときどき寿」帯に「音楽アーティストxiangyuが綴る、横浜のドヤ街・寿町に住む"ヤマさん"との6年に及ぶ友好の記録。」とあり購入。検索してみたら本名がアユミなので鮎の中国語表記を名前にしたそう。音源を聞いてみるとテクノぽい音でヒップホップのビートも入っているエレクトロニカ。南アフリカ発祥の音楽Gqom(ゴム)を洗練した感じだ。そこに話しかける...

    • 0
    • 0