FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




ブルータスのカレー特集



今週で仕事が落ち着くと思ってたんだけど昨日も日が変わる頃に帰宅。
昨日発売のカレー特集のブルータスがコンビニに置いてあった。カルチャー誌の特集としては考えられないほどの文字数。ライターや編集のカレー愛を感じる。
それにしてもマガジンハウスは今もセブンイレブンと取引してるんだね。採算合うのかな。
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

孤独のグルメ新装文庫化



テレビで安定した人気の「孤独のグルメ」。
原作漫画の第二巻が初めて文庫化されたのを機に一巻も新装されたのでまとめ買い。
谷口ジローのバンドデシネみたいな絵柄が淡々とした空気感を生み出していて、深夜ドラマとも相性が良かったんじゃないかな。
原作の久住昌之は食ものの漫画原作をよく手掛けている。
「孤独のグルメ」に先立って泉晴紀とのユニット、泉昌之名義で「かっこいいスキヤキ」という、ハードボイルド風の男が食のこだわりを語るギャグ漫画を出している。
自分はこっちを先に知ってたから「孤独のグルメ」は「かっこいいスキヤキ」を薄めた普及版て感じがしてしまう。

https://amzn.to/3h3JY55


Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヤクザときどきピアノ



買ったままだった「ヤクザときどきピアノ」、やっと読み始めたら一気読みしてしまった。
著者の鈴木智彦は暴力団関連の記事を手がけるフリーライター。映画にもなった「全員死刑」と密漁ビジネスを追った「サカナとヤクザ」は読んだことがあるけど、もっとディープな記事を書き続けてきた人だ。
そういう人が天啓に打たれたようにピアノを弾きたいと強く願う。
それもABAAの「ダンシング・クイーン」を。
かくして52歳でピアノを習う日々が始まるのだけど、ピアノへの純粋な思いと日々のヤクザ絡みの話しの対比やら、先生の熱意とキャラの強さ、著者の自分の気持ちを語る不器用さもあり、先を読みたくなってしまった。
ステイホームで日々に倦んできた人にはいい刺激になる本じゃないかな。

https://amzn.to/2A07jU8
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

猫を棄てる 父親について語るとき



去年の夏に文藝春秋に掲載された村上春樹のエッセイ「猫を棄てる 父親について語るとき」が単行本化された。
村上春樹のエッセイは小説の合間に息抜きで書いたもので、本人によれば発表してないストックもあるとのことだけど、気軽に読めるものが多い。
父親について書くとなるとシリアスにならざるを得ないし、過去について書くと言うことは小説にも似るので他のエッセイとは一緒にできず単体での発売となったらしい。
台湾のイラストレーター高妍によるイラストがつき、タイトルは金の箔押し、帯までも良い紙を使っている。売れると分かっている作家だからできる売り方だ。
「猫を棄てる」というと猫好きで知られる村上春樹だからどういうことと思うし、その結末もその話につなげるのかというところも意外だし、やはり普通の書き手ではない。
父親が毎朝お経を唱えていた記憶が語られているが、父親が寺の息子で大戦に2度従軍したこと、招集解除になってからその部隊がレイテ島に送られたことなどと合わせると戦争は起こしてはいけないというニュアンスも感じる。
村上春樹の他の小説やエッセイとは一風違うので好きな人向けかな。
多崎つくるの後の作品も買ったままなので読まないと。
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

片岡義男全著作電子化プロジェクト



片岡義男全著作電子化プロジェクト、500点近くの作品の公開に目処がついたようなのでサポータ登録した。
特典でTシャツが付いて届いてみたらやたらと重い箱だった。
開けてみたら佐藤秀明さんの分厚い写真集も入ってた。
1960年代から撮り続けたアメリカの風景で思いきり好みだった。
この写真集は早い者勝ちかもしれないけど一口1万円からで片岡義男さんの作品が読めるので相当お得だよ。

片岡義男全著作電子化プロジェクトサポータ募集中 kataokayoshio.com/supporter_new
Book | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
携帯アクセス解析