FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




パリのガイドブックで東京の町を闊歩する



「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する」というタイトルの違和感に興味を引かれた。
著者は「『百年の孤独』を代わりに読む」という本(買ったけど未読)を自費出版し、その後1人出版社を立ち上げて最初のリリースがこの本。
パリのガイドブックで東京の町を闊歩するとはどういうことか。だいたい副題でネタバレしてる通り一巻目ではまだ歩き出していない。そういう意味のないこと、一見無駄なことに考えを巡らせている一冊。
保坂和志や宮沢章夫が好きな人にオススメ。
普通の本屋では扱ってないから大船の個人書店、ポルベニールブックストアで購入。
でも調べたらアマゾンにも出品してあった。

https://amzn.to/2ZH80cA


Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

伊藤桂司 中原昌也 二人展



デヴィッド・リンチ展の後は田端のWISH LESS galleryで伊藤桂司と中原昌也の2人展へ。
コラージュとペイント。
昨日ライブペインティングした作品が飾られていた。
住宅街に突然現れるギャラリー。CDJも2台ありトーキングヘッズのRemain in Lightが流れてた。




Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

消えゆく横丁



週一の休みだと何もできない。鎌倉プチロックフェスも行かれなかった。
と言いつつ買い出しのついでに本屋に行ったら今月はちくま文庫が当たりだった。「想像のレッスン」、「ベランダ園芸で考えたこと」とか。

http://www.chikumashobo.co.jp/search/result?k=301

とりあえずは文庫書き下ろしで写真が豊富だったので「消えゆく横丁」を。

https://amzn.to/30b4QyK

Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

本秀康「あげものブルース」



レコスケくんで有名な漫画家・イラストレーターの本秀康がほぼ書き下ろしの最新作「あげものブルース」を出した。
本人が最高傑作と言ってるのとあげものがどう繋がるかわからなかったのだけど、もともと突飛な発想の話しが多い人なので読んでみたら父親との別れがテーマの一つになっていてこんな人間味のある話しなのかと驚いた。
あとがきにはビートルズのホワイトアルバム発売50周年を機にインドのリシケシュまで行ってホワイトアルバムを繰り返し聴いてマンガにできないか考えたとあるくらいなのでやっぱりビートルズ愛が強くて変わった発想をする人だなと思う。
前知識なく読んでる時はA Day In The Lifeをイメージして書いてるのかなと感じた。
オチはまた別の意味で人間味がある。
本の値段がどんどん上がってるのに1000円という良心的な定価だ。出版社は亜紀書房。

https://amzn.to/2XQjYQ8

本秀康の本はほとんど持っていて、1番レアなのは豆本の「たのしい人生Rarities」かな。


Book | コメント:0 | トラックバック:0 |

気分はもう戦争3(だったかも知れない)



本当に掲載されてたよ。
大友克洋久々の漫画。
矢作俊彦との共作で「気分はもう戦争」の38年ぶりの続編。
冒頭の「沖縄自治県」という字面で大体の状況がわかる。
あとは、16ページなのに内容濃いので読んでみて。
本編が始まる前の導入で終わっちゃうけど、最後のこの告知で本当に書きたいことが伝わってくるね。
2はというと15年くらい前に藤原カムイ作画で単行本が出てた。買うのスルーしたけど今は当たり前のように高値がついてるね。

https://amzn.to/2Gr5Uqj





Book | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
携帯アクセス解析