FC2ブログ

fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを販売するお店の店主ブログ

fslogo.jpg
本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




ルパン三世「死の翼アルバトロス」






‪ ‪テレビ版ルパン三世で宮崎駿が照樹務名義で脚本、演出、絵コンテを手掛けた回が公開されてる。‬
‪食べ物の描写、飛行機、原爆と宮崎駿の要素満載。不二子も可能な限り若くしてありもはや別人。目が宮崎キャラだね。‬
すき焼きも火を入れる前と煮た後とで描き分けてある。その合間の一瞬のアクションで入り込んだのが原爆の発火プラグ。小型原爆をめぐる話しで「太陽を盗んだ男」が前年に公開されてるからアイデアの元になってるかも。
エマニエル夫人オマージュもあり。
セル画を通常の倍使ったとのことだけど次回予告との絵のレベルの差よ。 ‪【公式】ルパン三世 PART2 第145話「死の翼アルバトロス」”LUPIN THE 3RD PART2” EP145(1977) https://youtu.be/GbM584Eb1u8 @YouTubeより


Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |

GYREのデヴィッド・リンチ展







表参道GYREのデヴィッド・リンチ展。
水彩、ドローイング、写真などいろんなメディアが展示してあった。
2010年代の作品が多く、ツインピークスリターンズやハウスアルバムの制作と重なってるから創造意欲が湧いてたのかな。でもいいなと思うのは1980~90年代のものだった。
小屋の中は絨毯を敷いてあって床の模様が隠れてたのがもったいない。







開店前に行列ができてて何だろうと思ってたらギャルソンの限定品目当ての人たちだった。



渋谷から表参道はつい歩いちゃうな。
カフェが増えていた。
Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダニー・ボイル新作は28日後の翻案?



https://twitter.com/yesterdaymovie/status/1095351827351158784?s=21


話題のダニー・ボイル新作。
ビートルズの記憶が消えた世界で唯一記憶の残ったミュージシャンがビートルズの曲で有名になっていくという話しらしい。‬
劇中Somethingがうまく使われてるみたい。ビートルズの曲だと知らない人もいそうだからいいことだ。
トレイラーにビートルズの曲が使われるのも珍しい。使用料が高くから。

ただなまじっか音楽が好きだと、ビートルズの記憶が消えたらビートルズ以降の音楽はなんでこの曲があるのかわからないというぐらいビートルズの影響が大なり小なりあると思うので、この映画の設定は無理があると感じてしまった。

ドラッグの影響でクラブカルチャーが盛り上がってた90年代前半、過去より新しい音が求められてた時に、ビートルズかっこいい!とバンドを始めた弟を元インスパイラルカーペッツのローディーだった兄が手伝ってビートルズ節の曲で大ブレイクしたオアシスも、考えてみると同じ状況だったんじゃないか。
‪‬

検索してて気がついたんだけど、下記の記事とつながってるのかな。
事故に遭って目覚めたら別の世界になっていたという設定が同じ。
ということはビートルズを知らない人=ゾンビ。

『28日後…』第3弾が実現か!ダニー・ボイル監督により企画進行中 https://www.cinematoday.jp/news/N0069815 ⁦‪@cinematoday‬⁩より
Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |

アンダー・ザ・シルバーレイク



‪「ヒッチコックとリンチが融合した『ラ・ラ・ランド』」なんて言葉にひかれて珍しく、本当に珍しく映画を見に行ったら思いっきりはずれだった…‬
前評判は高かったし、13日に公開されたばかりなのにTシャツも売り切れてた。
でも、ポップカルチャー、成功への憧れと挫折、陰謀、ニューエイジを混ぜ込んだロサンゼルスが舞台の映画と聞いて想像できる範囲を越えていなかった。
‪墓地の下のクラブでインド系UKバンド、コーナーショップの20年前の曲がかかってたのが一番の驚き。‬
今時には珍しく露出度高めで、男の妄想度が高いから女性受け悪そう。
Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |

デビッド・リンチ版画展



渋谷に行くついでに調べたらデビッド・リンチのドキュメント映画の公開に合わせて版画展をやってたので行ってみた。
販売しているものなのでもう展示していないものも。
リトグラフと木版画があって、素朴な木版画の方が味があった。製作時期が2010年から2015年だったからツインピークス・リターンと並行して製作してたんだろう。

ギャラリーにダミアン・ハーストの版画もあったけど、ネームバリューだけで生きていける人なんだろうなと思った。
ヒカリエのカルチャーフロアー、8/は初めてだったけど変わった造りだった。ギャラリーや店が並んで、真ん中は布で仕切ったイベントスペースになっている。今日はなんかトークイベントをやっていた。





レストランフロアーではCHEESE KITCHEN RACLERというお店に行列ができていたな。
Movie | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
携帯アクセス解析