fantastic something -ファンタスティックサムシング-

古本・中古CD・レコードを扱うセレクトショップ

fslogo.jpg
オンラインセレクトショップ fantastic something(ファンタスティック・サムシング)

logo_rw_banner_jp.jpg
古物買取 Rockin' Way
ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v

amazon-logo_JP_white.jpg
Amazonマーケットプレイスの出品リスト→ http://amzn.to/1mmCVpB




店内でかかっていていいなと思ったアルバム



Stones Throwのイベント、Muroのショップ・イン・ショップ開店と、珍しくこの一ヶ月で2回も渋谷のタワレコに寄った。
その時店内でかかっていていいなと思ったアルバム2枚。

2枚ともジェイムス・ブレイク以降の静かな空間作りを意識した音。
HomeshakeはSSW寄り、FKJはR&B寄り。
階段ジャケのHomeshakeは9曲目が流れてて、ゆらゆら帝国の坂本慎太郎のソロみたいだと思ってCDを探した。
試聴機にも入っていなかったから、店員の好みだったんだろう。
普段自分が耳にする機会のない音に触れられるから、店内BGMって大事なんだけど、小都市はCDショップがどんどん姿を消しているのが残念。
2枚ともほんとお勧めだよ。

【対談】 Tempalay×Homeshake “お父さんが和太鼓をやってたんだ。YMOや坂本龍一も知ってるよ”
http://bit.ly/2nYoafn
http://amzn.to/2nP3RnR


‪FKJ interviewed by PUNPEE
http://eyescream.jp/tyo/feature/punpee-x-fkj/
#feature @eyescreammgより‬
http://amzn.to/2ocyRdR



何度でも聴けるアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Willie Wrightの復刻盤



新宿のタワレコで、エスカレーターを降りた所で展開されてたフォーキーソウルの幻盤。
ウィリー・ライトのアルバムがまた復刻されたのかと思ったけど買わずに帰り、家を探したらすでに持っていた。
最近タワレコはデッドストックも新譜みたいに大々的に展開してるからダブりに気をつけないと。
ビル・ウィザーズタイプのSSWで、4.72インチのレコード付き。
https://youtu.be/uNZK5IxvnMs


何度でも聴けるアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |

アナ・クラウヂア・ロメリーニョのアルバム



今年はいい音楽が豊作な年だったけど、年の瀬になってまたブラジルの名盤が一枚。
ジルベルト・ジルの息子の奥さん、アナ・クラウヂア・ロメリーニョのアルバム。
初期のマリーザ・モンチみたいな雰囲気で、バックの演奏をさらに繊細にした感じ。
アコーディオンと管楽器も使ってる。
カエターノ・ヴェローゾとアドリアーナ・カルカニョットの書き下ろし曲も収録。

http://taiyorecord.com/?pid=97360676

一曲目の初めのパーカッションとベースが素晴らしい、というところで音飛びが。
これだけ新譜買ってきて、新品で音飛びは2回目のことだ。


何度でも聴けるアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Cat Boys Best Vol.2



早く帰れたので「プロ無職入門」著者の高木壮太がやってる3人組インストバンド、Cat Boysの最新作を聴いた。
2枚目にしてベストVol.2。
オリジナルだけじゃなく、スライ、ボブ・ジェームス、Manzel、大貫妙子の「都会」なんかをカバーしてる。
Switch Backなんてオリジナル曲が入ってるね。
スイッチバックは電車の折り返し駅のこと。意外と少なくて、小田急線藤沢駅がそうだね。

アルバムのダイジェスト
http://youtu.be/KdVk6FRGQnA
何度でも聴けるアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |

バカオ・リズム・アンド・スティール・バンド

今年は行かれなかったけど、弁天ロッカーズが終わると秋が来たって感じる。



最近よく聞いてるのがバカオ・リズム・アンド・スティール・バンド。その名の通りスティールパン入りのファンク。
スティールパンはドラム缶を加工して作った打楽器で、音階もあり、音の響き方に浮遊感があって聞いていて気持ちいい。



ただ、ドイツのバンドだからか、ファンク色を強めるためなのか、このアルバムのスティールパンは残響の少ない硬めのチューニングをしてある。南国感は薄い。
チャカチャスのジャングルフィーバーやデニス・コフィのスコルピオのカバーをしてる。個人的にはシュガーヒル・ギャングの8th Wonderが新鮮だった。
スティールパンとファンクが好きな人は買って損はないよ。

http://amzn.to/2c8xxoR



1曲目が50セントのカバーなんだけど、これは10年くらい前にマッドプロフェッサーがクレイジー・カリブ名義で出したスティールパン入りのダブでやってたバージョンを参考にしてる。

https://youtu.be/8qvoKuOvcTM


http://amzn.to/2cPQlMz


何度でも聴けるアルバム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
携帯アクセス解析