fc2ブログ

    fantastic something -ファンタスティックサムシング- 

    中古CD・古本・雑貨を販売するセレクトショップの店主ブログ

    fslogo.jpg
    本と音楽のお店 fantastic something(ファンタスティック・サムシング)
    logo_rw_bn_or.jpg
    リサイクルショップ Rockin' Way
    ヤフオク出品リスト→ http://bit.ly/1PSuL0v
    amazon-logo_JP_white.jpg
    アマゾンの評価→ http://amzn.to/1mmCVpB
    Top page  1/649

    三國清三 「三流シェフ」

    CATEGORYBook




    2022年末でオテル・ドゥ・ミクニを閉店したシェフ三國清三の自伝。
    戦後の立身伝みたいで面白い!
    1954年に生まれた時点で戦後10年近く経ってるわけだけど北海道の漁師町出身だから高度経済成長とは無縁のため時代がずれて感じる。
    中卒で住み込みで働いていた米屋で初めて食べたハンバーグに感動してコックを目指したというのだからそれまでは都市と比べると本当に貧しい暮らしだったのだろう。
    でも中卒から札幌グランドホテルに入り込んで帝国ホテルに移りスイス大使館料理長に任命されるのだからすごいとしか言いようがない。
    行動力と地道な努力で三つ星レストランを渡り歩き日本に戻って日本の食材を活かしたフランス料理で世界的に有名になっていく。こういう人は今後出てこないだろう。
    15年くらい前まではフランスや欧州各国で修行したシェフはいたけど最近は金銭的に難しいのか野心がないのかあまり聞かなくなった。この本を読んで修行に出ようと考えるのは少数派どころかいないのかもしれないな。
    自伝といっても聞き書きで「奇跡のリンゴ」のライターが手を入れてるのだけどそのために直線的な事実の羅列にならず引きや前ぶりがあって読みやすくなっている。幻冬社の社長、見城徹はもともと角川書店でユーミンや尾崎豊の自伝を編集して有名になった人だから有名人の自伝には力を入れているのだろう。

    いろは丸のカキフライ

    CATEGORYFoodie




    今日なんか街に人が多いな。
    一軒目は行列ができていて、いろは丸に行ったら11時半の時点で7割がた埋まっていた。昼呑みの人もいる。
    日替わりはカキフライとシーザーサラダ。明太やっこも付いてきた。そしてシーザーサラダがあるのに大量の千切りキャベツ。今野菜高いのに大丈夫なのだろうか。シーザーサラダは粉チーズもかかっていた。
    これで850円だから安い。
    町中華の千里飯店の系列で安くてメニューも豊富なのがいい。炉端焼きのお店もプライムビルの2階にできたらしい。

    井村屋のラムと日本酒香るあんこ

    CATEGORYFoodie


    スーパーのレジ横で目に入ったラムと日本酒香るあんこ。井村屋の新商品。
    ラムと日本酒が好きな自分のためのようなもんじゃないか。
    ラムはマイヤーズ、日本酒は井村屋の日本酒福和蔵の純米吟醸を使っている。
    とりあえずラムを開けたら袋に「金曜日のラム酒」なんて書いてあった。ハレの日感?自分は曜日関係なくキャプテンモルガンを飲んでるな。
    マイヤーズの風味はよくわからないけどあんこが洋酒混じりでまろやかな味わいになっている。ラムレーズンも入っていてこちらはラム感あり。
    日本酒の方には酒粕も入っているそう。

    富士そばの新肉骨茶

    CATEGORYFoodie


    急に冷えてきたので今日は富士そばへ。
    肉骨茶(バクテー)そばが復活していた。富士そばは何故かシンガポール推し。
    以前のと比べるとにんにくが強め、胡椒少なめでだいぶ味わいが変わっていた。フライドガーリックが載ってるけど以前はオニオンだった。
    つゆはそば用じゃなくてラーメンのものをベースにしてるそう。前はもっと脂が浮いていたような。
    にんにくが強くなって二日酔いや風邪の時に良さそう。

    券売機がタッチパネルになってたけど相変わらずわかりにくい。

    エレガンス・イブのちひろそん特集

    CATEGORYBook




    ショムニで知られる漫画家安田弘之の「ちひろさん」がNetflixで映画化されるのに合わせて掲載誌のエレガンス・イブで特集されていた。
    風俗嬢の日常を描く「ちひろ」が男性誌のモーニングに掲載され、数年後に海辺の街の弁当屋で働く「ちひろさん」の連載が始まった。続編が講談社から秋田書店に移籍するのは珍しいんじゃないかな。
    自分は数年前にTwitterの広告で見かけたのと写真家植本一子が推してたので読んだ。人情ものなんだけどサバサバしているのと突き放してるようで包容力のある視点が変わっている。

    エレガンス・イブって初めて聞く雑誌名だなと思ったら大人の女性向けエンタメ誌とのこと。「凪のお暇」の掲載誌。レディコミとかではない。せっかく買ったのだから全部読んでみたら普通の恋愛ものもあれば学校の不登校や嫁姑ものもある。結婚や食べ物や飼い犬の描写も多い。どういう大人の女性が読んでるんだろう。
    それにしても広告が自社の出版物だけで他の会社のものは一切ないのがすごい。裏表紙も掲載作品の紹介。秋田書店は単行本や漫画は出版したら絶版にしないと聞くしコアなお客さんを引きつける努力をしてるんだろうな。
    版型がA5というのも珍しい。女性がカバンに入れやすいサイズにしてるのかな。